Home > Archives > 2009-11-03

2009-11-03

アクリル曲げ加工技術のご紹介

今回は弊社の持つアクリル曲げ加工技術についてのご紹介です。

アクリルの曲げ加工と言えば、店舗用の什器などに使われる板物の曲げ加工

について連想される方が多いと思いますが、今回はアクリルの丸棒を使用して

機械の展示機に透視性を生かして使用される、スプリングを製作します。

pb030008
↑素材は工業材として使用される通常のアクリル丸棒となります。
 

 

 pb030004
↑今回は精度の要求が厳しいため、フッ素樹脂素材にて型を事前に
製作をします。

 

pb030011
↑回転台(ろくろ)に治具をセットし、慎重に曲げます。
熱する部分を加熱しすぎると伸びてしまったり、温度が低いとでこぼこに
なりますので、細心の注意を払いながら製作を行います。

 

pb030003
↑精度よく完成する事が出来ました。
アクリル製のばねというと、ぱりっと割れそうなイメージや先入観
がありますが、思った以上に柔軟性及び弾力性があります。
展示機といっても、実際には稼動もしますので、簡単に割れる様
な事はありません。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2009-11-03

Search
Feeds
Meta

Return to page top