Home > Archives > 2010-04

2010-04

テフロン溶接技術のご紹介

今回はテフロン溶接技術のご紹介です。溶接構造でのウエハーキャリア
の製作事例です。

 p30300381
↑バラバラに製作された部材を組み合わせ、溶接構造にて完成させます。

 

p3030040
↑テフロンの溶接作業は熱処理との戦いです。極力ピンポイントで
熱をかけ、製品自体への熱変形を防ぎます。
それだけではなく、熱による歪みの発生が予測されるポイントには
歪み防止の治具を作成した上でテフロン溶接の作業を行います。

 

p3030042
↑なんと今回は肉厚1mmの部分に対してテフロン溶接を施工します。
歪みを押さえる為には、熱のかけ方、治工具、そして冷却方法が重要です。

 

p3030044
↑無事歪みを出す事なく完成する事が出来ました。
出荷前にはお客様よりお預かりしたウエハーを使用して、歪みや出し入れの
スムーズさを確認します。

 

弊社では、樹脂の熱処理に関するノウハウを多く所有しています。
テフロン溶接以外の樹脂溶接にも、対応が可能です。
お困り事など遠慮なくご相談下さい!

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2010-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top